富 山 の 秋・第二章


撮影地 富山県黒部市・入善町・朝日町


D500


NIKON DX VR 18〜200mm F3.5〜5.6G
NIKON 70-200mm F4.0G ED VR
TAMRON AF 10-24mm F/3.5-4.5 Di II


2/2 PAGE (全40枚)



21

この川の上流に小川ダムはある








22











23











24











25

小川ダム周辺の朝の陽に輝く紅葉 午前7時20分頃









26











27











28











29











30

朝陽を浴びて集う水鳥たち











31











32











33











34











35

ダム湖の反対側の斜面にやっと光が届いてきた 午前8時10分頃









36











37

早朝の黒部川河畔から見た白馬山系方向









38

早朝の黒部川に川霧が発生した









39

夕刻の日本海は穏やかだ 後方の霞んだ山並みは能登半島









40

黒部川が日本海に注ぐところだけ波が発生する 数人のサーファーを発見



11月の富山は例年に比べ気温が高いようである。しっかりとした防寒着
を準備していったが、関東地方と同じ服装でも寒さを感じない。そのせい
か天候は曇りや雨の日が多いようだ。光に透けた紅葉や朝日に輝く雪山
を撮影したいとチャンスを待ったが、朝から晴れの予報が発表されない。
 
やっと朝の光に恵まれたのが、25番以降の小川ダム周辺の紅葉風景で
ある。その後しびれを切らして宇奈月ダムに行ったが、曇り空の下での
撮影になった。ダムの管理をしている人と話したら5日ほど前が一番の
見ごろであったようだ。時には自分のイメージを外してタイミングを見計
らい出掛ける事も必要であると実感した。////////////////////////
 
ダム周辺の紅葉以外の撮影は、いままで何度も行っている黒部川の河
口や周辺の野山である。季節によって同じ風景が違った姿や色彩を見
せてくれるので、たびたび出掛けても飽きることがない。・・・・・・・・・・・・・
 

GALLERY


HOME